07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 買い物いろいろ | top | 誰が笑うの? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
不安定な立場

久々に、仕事のことを。
ついに、同じチームの派遣が、二人になってしまった。
K夫人は、私より若く、PCのスキルもあり、よもや、契約終了となるとは思わなかった。7月の末頃、派遣会社の担当のIさんとお話をしていた様子は知っていて、どうも契約更新しない模様だったので、自分の意思で辞めるんかな、と推測していたのだが。
でも、人員削減、だったらしい。もう今年で何人の人を見送ったことか。
自分も、大変不安になった。もちろん、一生懸命やっているけれども、私はどう見ても、愛想のよい、とっつきやすい、仕事を頼みやすい、人に好かれる、タイプではないので、次に絞られるのは私かも、と覚悟を決めていた。
ネットで仕事も検索してみた。ない。社員は、絶対無理。喋りつづけなければならないテレアポの仕事は声の負担になるから嫌だ、とか、土日祝休みじゃないと、公演活動を続けられない、とか、そういうことを言ってられない状況になるかも。
もう、辞める時のシナリオまで、考えた。会食なし、挨拶も、花束贈呈も固辞する。お菓子も、自分で配らず、I夫人にお願いする。そして、ひっそり、帰る。有給があるので、最後の2週はそれを消化して、とっとと辞める。しかし、まずありえないけど、派遣会社から他の職場を紹介してもらえたら、きちんと円満に、去る。
結論を言うと、そういった妄想は、取り越し苦労に終わった。来年3月まで、契約更新となった。でもまた更新時期になると、憂鬱になることの繰り返し。仕事は、忙しい時もあり、ゆったりしている時もあり。
これを打っているのは、投稿日時をはるかに越えた頃。私が着任した頃からいるT夫人が、出産のため12月半ばで職場を去った。おめでたい事なので、送る私達も、社員の方々も晴れやかに見送った感。そして、9月で去ったK夫人は、同じ会社の伏見での職場に派遣が決まり、11月から勤務されている、とIさんから聞いた。社内アドレス帳で検索すると、ちゃんと所属の職場で出てくる。よかったよかった。
ここにきて、まあ、首を切られたら、きっと神様が環境を変えなさい、新しい職場と人との出会いを体験しなさい、と言っているのだなあ、と開き直ろうと腹をくくった。去年の今時分の時期、いろいろ不快な気分になったことを思えば、今年は快適。ケセラ・セラ。明るく頑張りましょう。

sarah-e | 日々日常 | 00:08 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 00:08 | - | - |
Comment