09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< あの日の僕らを | top | 平日の主婦ランチ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
声帯を伸ばせたら
 10月第3週。子どもの中間テスト。結果はどうであれ、ともかくも終わった。まだまだやらなければならないことがあったのに、ペース配分不足、時間不足だったようだ。というか、1回できっちり暗記出来る頭脳があればいいのだろうけど。
自分の出来事では、水曜日、会社で、年に1回行なわれる、人権研修があった。今回のテーマはセクハラ・パワハラ。講師は気さくな人柄のS次長で、どういう状況でパワハラが起こりやすいと思いますか、という質問で、いきなり当てられた。雇用不安からではないでしょうか、と答えたが。ハケンのような非正規雇用だと、自分が生き残るために、自分が仕事が出来るということをアピールするために、ついつい他の人を貶めるような発言をしたり、意地悪な行動をしたり、する歪んだ人が出てくるのではなかろうか。(と発言したその日の夕方に、次の更新のアンケートが来た。首は繋がるか?)
雇用問題・セクハラ・パワハラ問題に詳しい、若い女性弁護士の講義をビデオで見ながらの研修。その中で、彼女が仕事上のお付き合いで、ある男性弁護士と食事を共にしたところ、クリスマス、一緒にどう、と誘われ、紳士的な人だと思っていたのに失望した、というエピソードが出てきた。これについても意見を受講者に問われ、普通誘いませんよね、ときっぱりいう人、僕が反対に女性から誘われたら喜んじゃいますけど、という正直な人も。
以前お嬢と喋っていたことを思い出した。曰く、もし自分に対して好意を示してくれる人のことを、自分も好きなら、それはとても幸福なことだし、こんなに自分のことを思ってくれたんだ、心配してくれたんだ、と感激するだろう。しかし、何とも思っていない、無関心な人にいろいろされても、それは何のありがたみも感じないし、むしろ、嫌悪感を感じている人なら、家の前で待っていたりされたら、立派なストーカーになるだろう。好きな人なら、寒いのに待っていてくれたのね、とうるうるするだろうけど。叱られたり、注意されたり、ということも、受け手の心境で、虐められている、とかプライドを傷つけられた、と感じる人もいるし、前向きな人とかはぜんぜん意に介しないだろうし。
土曜日の午後は、10月最初の歌のレッスン。昨夜半から激しい雨。先生はお洒落な長靴を購入され、重宝している、と。この日は、発声で、声帯をちゃんとくっつけてから声を出すことを意識することを重点的に。それから、高い声。まだまだどうしても、力で押したり、縮んで出したりしてしまう。録音を聴いてみると、調子のよい時は、ずいぶん先生の声に似てきたように感じる。しかし、徹底的に違うのは、先生のゆるぎない安定感と、メゾなんだけど上の音域もきれいに伸びやかにお出しになることだ。声帯を伸ばす技術を習得できるといいのだけどね、とおっしゃった。ううむ、それが出来れば。。。
声帯の手術、というのがあるらしい。職場のTU夫人から聞いたのだけど、それは主に性転換をした男性がよく受けるそうで、手術中に、声を出してみて、大体このぐらいの高さの声で、と調整してもらえるのだそうな。しかし、手術後はしばらく声が出せないそうで、子どもと暮らしている以上は実施できないだろうと思った。(絶対、注意を口にしてしまうから)
ともあれ、自分だけでなく、これはうたざのソプラノ陣にも言えることで、どうしても、地声を混ぜたしっかりした発声法をしているので、高い音が続いたり、調子が悪い時に頑張って出したりするのが、きっと辛くなる時が来るだろう、と。うりこ嬢や、この間の本公演に出た若いNさんのように効率よく出せる声と技術を持っているか、それともこれもこの間の本公演に出られたFさんのように、完全に裏に抜けた声で出せるか、でないと。
と、またいらぬお節介を言ってしまった。そして、歌曲は新曲を、イタリア語付きで。よく出てくる単語は馴染みが出てきたが、まだまだ苦戦。巻き舌めいたのがやっと少し、出来るようになった。それでも、もう一曲、何かやってきてちょうだい、と言われたので、以前、まあ〜夫妻の結婚披露パーティーの日に買った、高かった歌曲集から練習してくることにした。課題を増やしてもらったことは、進歩、としておこう。
しかし、うたざでは駄目だった。先週とは違うデュエット曲をやったのだが、上の音が到達していなかったようで、代表から、SARAHさんはそういう時、どうするんですか、と遠回しに言われた。(これは、プライドを傷つけられた、と感じる方向なのだろうか。)出来ないのに腹が立ったので、休憩中も音を叩いて出す。また力んでぶら下がったのだなあ。なかなかふふ〜んとは歌えないなあ。
合唱では、アルトが4人もいるので、一人づつで歌わせて、と桜子が直談判。やってみたら、個々のアラはよく分る。自分は、声が弱いらしい。しかし、全員で歌ったのを録音して聴くと、ひどくはなかった。ソプラノが1に対して、アルトが4でバランスがいいとは。。。お嬢のパワー、恐るべし。
稽古後は、また女子でファミレス。私は先週、桜子とまあ〜夫人が食べていた秋の食材のパフェを食べる。美味しかった。秋、といえば、この季節になると、私の好きなさつま芋スナックがお菓子コーナーに登場する。この間は、それの塩バター味、があって、食べてみた。美味しい。しかし、カロリーは普通のより多めだろう。それから、塩サイダー、というのがあったので、それも買ってみたが、あまり普通のサイダーとの差が分らなかった。
日曜日は、午前中、庭の草取り。それからすっかりだらだらして、夕方買い物。図書館に行けなかった。夜はBSで早い時間に大河ドラマ。もう佳境に入って来た。乳母役のあの女優さんがちょっと執念深そうで怖い。以前観たドラマで(あの俳優さんファンのTU夫人が、題名まではっきり覚えていた)その俳優さんの、妙にメルヘンチックな奥さん役を演じていた時も、そういうのを感じたけど。
11時から、例の韓流ドラマ。そして、TVショッピングなどだらだらみて、また無駄に夜更かししてしまったのでした。


sarah-e | 座うたざ | 20:39 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 20:39 | - | - |
Comment