06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 何でもないことが、大変なことなのだ | top | ながい、あたたかな一日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
納会・新年会
慌ただしく2013年年末を迎えた。
昨年は大掃除をして、3時頃に終わっていいよ、と言われて帰ったけど、今年はどうしたわけか、納会があった。
社員のIさんとHさんがが買い出し。私とOさんもマクドナルドへお遣い。また引っ越し時にはするだろうと思いながら、事務室の掃除。
そして夕方4時から、始まった。4月からの合併会社から出向しているT部長が差し入れてくれたシャンパンを恐る恐る開けて飲む。つまみやビールも存分にあり。ハケン同士で飲み食いしながら歓談。早めにお開き。今年もお世話になりました、と挨拶して、珍しく余っていたよさげなカレンダーを貰って。帰り際、電話が鳴っていて、残っていたM部長が対応していた。
今年の正月休みは9連休。おかげで家の大掃除や買い出しやら、年賀状やらを余裕で済ませた。なので、31日の午前中から実家へ移動。子どもと母親は去年と同じく近くの健康センターの大風呂へ。そして例年通り、隣の弟家族も来て、お寿司。紅白を観ながら年越しそば。
つつがなく2014年がやって来た。とりあえず身内が皆元気で迎えられたのが嬉しい。お節と煮物とお雑煮もいつも通り。実家の年賀状や分厚い新聞を読んでいると、姪っ子から初詣のお誘い。去年と比べて人が多い。




今年も、あれとあれをお願いした。それと、子どもの高校合格と。おみくじは小吉。むむ、満願成就はまだ先のようだ。義妹はいつも、今年も家族が無事に一年を過ごしますように、とお願いするそうだ。私利私欲にまみれた自分の願い事が恥ずかしい。それと、願い事をする前に、ちゃんと神様に自分の住所を告げないといけないのだそうな。あれはご祈祷の時にだけ必要だと思っていた。次回からそうします。
下の弟が甥っ子2人を連れて遊びにきた。上の甥っ子は大学生になったので、もうお年玉は必要ないか、と思っていたけど、それはかわいそう、と周囲から言われたので、慌てて準備して渡す。下の甥っ子も高校生、姪っ子も中学生、自分が年を取るはずだ。
本当ならもっとのんびりしたいところだけど、何せ子どもは受験生なので、2日の午前には家に帰ってきた。さすがにすぐ勉強しろ、とは言えないけど。でも年末終わらせるはずのものが終わっていなかったので。さあ、頑張れ。
4日、日曜日にうたざの初稽古があった。BUNZOUさんと、まあ〜氏がいらした。何だかんだいってもう次週が発表会で、歌う順番をくじで決めることになり、私は後半の6番となった。(しかし、欠場者が出たので、結局2つ繰り上がることになったけど)
その順番通り歌う。相変わらず自分の歌はひどく、もうこれ以上何ともならないと思うけど何かアドバイスを、と言ったら、まあねえ、とBUNZOUさんもまあ〜氏も苦笑いするだけだった。一曲目に関しては細く歌うことを提案されたので、あと一週間、ぎりぎりまでチャレンジしてみることにした。自分のようなレベルと一緒にしては大変失礼だけど、年末の日本選手権で優勝した選手のように。彼女は直前までとても調子が悪く、棄権することまで考えていたらしい。でも本番では強い精神力と積み上げてきた表現力で、素敵なプログラムを披露した。観ていて私も泣いた。
というわけで、声を潰すかなあ、と思いながら、ひたすら稽古した。電子ピアノのピッチを445まで上げて歌う。そうすると、通常の442〜440に戻した時、上が楽な錯覚に陥って、力が抜ける。以前高いシューベルトの歌曲を歌った時はこれで特訓した。細く出すということはその分筋肉が要るので、腰の横と背中がパンパンに張る。食器を洗いながらでも、お風呂に入りながらでも、2階に聞こえないような細い声なら練習できる。それから、腹が立っても子どもを叱らないようにすること。声がまだ寝ている朝、ちっとも起きてこない、支度が遅い子どもにいらいらして怒ってしまうのが、本当によくない。
本番の週の金曜日、会社の新年会があったけど、飲んで喋ると声によくないし、酔って帰ると子どもが嫌な顔をするので、この日は飲まなかった。周囲の男性方からは何だつまらんなあ、と言われたけど。この新年会も昨年はなかったことで、新体制になることの象徴のように思われた。今までの送別会のような、居酒屋での無礼講でなく、料亭で、社長・本部長も出席。料亭なので、珍しいお野菜が出たり、お料理は美味しかった。会費はさぞお高いだろうと思っていたら、費用は会社持ちだった。実績が厳しい状況なので費用削減と日頃言っている割には、太っ腹だなあ、と思った。
帰りは最寄り駅まで歩くことにした。一駅だと思っていたが、結構遠かった。寒い。でもぐんぐん北に向かって歩く。途中、小さな橋を潜ったところに大きな木があり、その隣にとても雰囲気のいい建物があった。気になって調べたら、古民家を利用した割烹だった。ランチでもいいから、いつか行ってみたいな、と思った。
 
sarah-e | 日々日常 | 22:53 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 22:53 | - | - |
Comment