09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 合格発表まで | top | 朝空にふりさけて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
制服を買いに
合格が決まったので、3連休の初日にさっそく子どもの制服を買いに出かけることに。
中学校の制服は地元の洋品店で買った。高校のあるS市にも取扱店があったが、どこで購入しても値段は一緒のようなので、百貨店へ向かった。子どもと電車で出かけるのは久しぶりだ。
子どもが着ているお気に入りの黒のワンピースが、丈が短くなっていて、タイツでは微妙な感じになっていたので、カジュアル量販店に寄って、黒のレギパンを購入。ストレッチがきいていてはき心地がよいらしく、春先はヘビロテだった。
百貨店の7階、学生服売り場へ。この時期は売り場を拡大して対応している様子。社員の先輩ママ、Hさんから、採寸は一時間ぐらい待ちになるよ〜、と言われていたので覚悟して行ったが、20分ぐらいで順番がやってきた。
子どもの高校の制服は、ブレザー、ベスト、スカートの3点セット。色は青紫に近い。丸襟の白ブラウスにエンジ色のリボン。うちにある花模様のマグカップと同じデザイナーの手になるものらしい。ボタンと刺繍に高校名をアレンジしたデザインが入っている。ブレザーは、手の長さで合わせると身頃が少し大きい。お直しはしてもらえないようなので、ボタンを付け直して調整しなければ。スカート丈はこの頃はずいぶんと厳しいようで、ひざの真ん中まで、と決まっているらしい。あの太ももあらわな短さはいかがなものか、と思っていたけれど、セーラー服の細かいスカートひだとは違って、ブレザーのスカートはそこそこ短くないとバランスが悪いので、みんなにょきにょきと足を出しているのだなあ、と感じた。しかし、勝手に丈を加工できないように、裾にご丁寧に刺繍が入っているので、規定には従わなければならない。ちなみに、関東では短く、関西ではちょと長めなスカート丈が流行りのようです。
ブラウスは着替え用に2枚購入。夏服も同時に注文できるようだけど、どっちにしろ5月頃の手渡しになるとのことなので、この日は止めた。百貨店のカードに入会すると、5%オフになるそうな。しょっちゅうここでお買いものできるほど裕福ではないけれど、夏服購入のこともあるので、手続きをすることに。
直結しているファッションフロアでウィンドウショッピング。お昼時になったので、どこで食べるか散策。あんなにイタリアン、と言っていたのに、結局洋食屋さんでハンバーグ。店を替えてコーヒー。カード入会の特典でミニクロワッサンをいただき、最近オープンした、プレスリーも好物だったというドーナツ店のドーナツを買い、少年漫画グッズの店で子どもが買い物し、帰路についた。
4月第一週にはご用意できています、と言われたので、仕事帰りに取りに寄ることになっていて、靴もソックスも購入ずみなので、入学式を迎えるだけ、と思っていたら、ちょとすったもんだした。制服を受け取って、家で再度試着すると、スカート丈があまりにも長い。状況を思い出してみると、サンプルではいたスカートより、子どもの実寸は1センチ長いので、ワンサイズ上のものになりますがよろしいでしょうか、と担当の女性が言っていたっけ。でも1センチどころか膝がすっかり隠れている。
翌日、売り場に電話。そこで分かったのが、スカートの丈のサイズが3センチ刻みになっていること。その説明がなかったので、私は子どもの実寸と同じ、サンプルのより1センチ丈が長いだけだ、と認識していた。交換を申し出たら、子ども同伴でないと応じられないとのこと。で、翌日、仕事が終わる時間に子どもに出てきてもらって待ち合わせ。うまく合流できるか、と心配だったが、LINEで今着いたよ、と連絡が入り、栄の地下街をぶらぶらしているのを発見。こういう時、携帯は便利。
売り場へ。届いたものを試着室で履かせると、店員さんが、やはり長いですね、申し訳ありません、と。サンプルと同じサイズをすぐ出してもらえるかと思ったが、取り寄せになります、と。6日の午前中になります、と。入学式の前日だ。もし配送にミスがあったら、中学校の制服を着て出なければならないのか、と心配だったけど、そこは老舗のデパート、信用することにして。(結果、ちゃんと届いた。)
お腹が空いたので、地下街のパンケーキを。ボリュームに大満足。夜、子どもと電車に乗って帰ってくるのは、不思議な感覚だった。



 
sarah-e | 日々日常 | 23:30 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 23:30 | - | - |
Comment