09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 朝空にふりさけて | top | 新・ランチ事情 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
お引越し
まだまだ先だと思っていたのに、あっという間に会社の移転がやって来た。
準備もいろいろあって、私は顧客に発送する移転のご案内通知の住所シールを作成する仕事を仰せつかった。法人・個人併せて13000通ぐらい。住所データを確認・見直しする作業が大変で、総出でやったけど、途中でデータがずれ込んだり、文字を見ていてかなり肩が凝ったり。それでも、ハケン仲間のOさんから習ったエクセルの名簿からの差し込み印刷で、無事作成完了。
案内状が出来上がったら、それに住所シールと宅配便のシールを貼る作業。これは全社員で一斉に行なった。
それから、自分の身の扱いについて。移転や子会社扱いになることで、仕事も契約満了になるか、どうなることかと思ったが、社長や直属のM部長の言われた通り、全員揃って新事務所に移転することになった。私の首もとりあえずつながった。派遣会社のKさん曰く、完全に親会社との合併になる2015年4月の方が、ハケンの扱いの分かれ目、とのこと。子会社になってもとりあえず会社の業務内容はすぐには変わらず、私の業務も変化なく、それは逆に新しい仕事や、知識が習得できない、ということでもあるけど。
条件としては、栄の親会社ビルに入るので、通勤時間・交通費が増える。交通費については、派遣会社の方で時給を上げてくれることで今までとの差額を解消。勤務時間は、ハケンだけ、親会社に合わせることに。実労働時間は減ったが、通勤時間が今までよりかかるので、朝も10分ほど早く出ることになりそう。
3月半ばから、具体的な荷造りが始まった。直近で必要なさげなものは、運送会社の段ボール箱にどんどん詰めて、キャビネット番号、内容等をマジックで書いていく。事務所の片隅に、どんどん積み重ねていく。机や書棚も持っていくもの、置いていって廃棄処分にするものに分けられる。廃棄といえば、書類にしろ、物にしろ、びっくりするほどの不要なものが出てきた。そもそもが書類の保存規定がなく、古いものや保存不要なものを、今まで順次処分していなかったよう。こんなにごみ同然のものをとっておけば、会社の運気も下がるわね、とハケンのWさんが苦笑していた。そのWさんも、旦那さまの転勤はなく、4月からもまた一緒に働けることとなった。
引っ越しは3月最終土曜日なので、前日までにすべての荷造りを完了させなければならない。最終日は以前の職場の引っ越しでも体験したように、自分の私物、業務に関する書類、事務用品などの荷造り。PCは規定通りのシールを貼って、プチプチで梱包。会社履きのサンダルは新しい職場では新しいのにしようと思い、捨てた。この日は通常業務を早く切り上げ、荷造りした箱をどんどん一所に集める。えっちら運んでいたら、力持ちだねえ、と言われる。昔はこんなもんじゃない、舞台設営の平台やら、イントレやら運んでで、体力もあったのになあ。ざっと掃除もした。
最後に出たごみを階下の事務所の方にお願いして、意外に予定よりも早く終わって、もう帰っていいよ、と言われた。M部長の立ち合いで明日荷物が新事務所に運ばれ、日曜日は女性社員さん方が休日出勤されて、片づけやら配置やらをされるとのこと。私達ハケンは、いきなり月曜日から新しい事務所に出勤すればよいと。ほぼ一年半いた事務所に、さよならした。ここでやっていたゴミ出しとも、トイレ掃除ともおさらばになる。
そして、3月最終日の月曜日、いつもより30分早く出勤。栄から速足で歩くと、10分ちょっとでビルに到着する。途中で社員のIさんにお会いしたので、迷わず事務所に入れた。親会社のビルの3階。広くて、明るい。そして、入室にはIDカードが必要。忘れないように、いつも首にかけている。(この間ついうっかりして、Oさんに開けてもらったけど。)荷解きはほぼ完了していて、あとは自分の箱を開けて整理するだけ。これはあっという間に済んだ。
移転後の10日間、いや、その月はとにかくばたばたしていた。問い合わせの電話もよくかかってきたし、それから自分の仕事の担当の書類のファイルが一つ見つからず、誤って処分してしまったのではないかと、その週末はとても憂鬱だったのだけど、社員さん方に相談したら、監査には必要ないものだから、紛失してもとりあえず責めを負うことはない、と言われ、また総務のKさんが同じものの控えを保管されているので、最悪そちらを使えばいいことが判って、安心した。結局、しばらくして、全然予想もつかない場所から出てきたので、杞憂に終わったのだけど。ああ、よかった。
移転してからは、親会社のシステムや会社概要についての研修、結婚式場のホールで行われた決起集会、懇親会などもあり、年末には合同の納会、年始には一斉の朝礼。今は、合併案内の発送に向けての準備、(移転案内を発送した時と同じ業務を、結局私は任されてやっている)具体的には下に何も情報は降りて来ないけど、4月の合併に向けて、親会社の指示通り、いろいろ動き出している最中。引っ越しから10か月、あっという間だったなあ。。
 
sarah-e | 日々日常 | 23:10 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 23:10 | - | - |
Comment